So-net無料ブログ作成
検索選択

三崎に行ったら待ち伏せされた(二回目) [ロードバイク・ツーリング・ヒルクライム]

また話が前後しますが、6/9の日曜日にISOさんと三崎港に行ってきました。

集合出発は8時。少し早く起きて富士ヒルでお会いしたペダルダディの方達の集合場所に顔を出しに行きました。

クロスM氏、ライターF氏、ドンTH氏、マドンM氏の四人と先週の反省など話して一旦お別れ。

ISOさんとの待ち合わせ場所へ向かい、待っている間にクリート入れ替えなど( ̄∇ ̄)

間もなくISOさん到着。この日は二人だけなのでさっさと出発。

山下公園にちょっと寄って、先ほどの続きで皆さんに出発の挨拶をして再スタート。


通常ルートのR16を南下して横須賀を通過。東よりに進んで海沿いをさらに南下。

DSC_0282.jpg
DSC_0279.jpg
毘沙門の風車下で休憩しつつ呟く[キスマーク]

ペプシNEXで喉を潤して港に向かって走っていくと・・・見覚えあるSkyジャージなヤツとすれ違い[exclamation&question]

「こんなとこで君はナニをしてるのかなー?」と声を掛けるとニコニコしながらUターンしてきました。

またです。先日、江ノ島で待ち伏せを喰らったT君です。呟きを拾って追い掛けてきたらしい。

DSC_0283.jpg
SkyカラーのFP1は珍しいからすぐにバレるゼΨ(`∀´)Ψ

せっかくなので三崎港のお店(魚音)でランチしながら、いろいろと談笑しました。

ロードに乗ってるだけでも昔の彼からは想像できませんが、登山も嗜むのだとか。

単車でツーリングも時々行くそうだし、相変わらず多趣味やなあ、T君(^^)


戸塚に住む彼に合わせ、R1原宿方面を目指し鎌倉渋滞を抜けて進みます。

時々現れる5~6%の坂が応えたらしくグッタリしてきたT君でしたが、

戸塚駅に近づいてきたら急に元気になってきましたよ。


踏み切り手前でお別れし、ISOさんと環二を戻って帰ってきました。

梅雨の晴れ間(薄曇り)にしっかり走れて楽しかった。ISOさん、T君お疲れ様でした[わーい(嬉しい顔)]

走行距離 145km・・・くらい[猫]

「どんだけ江ノ島好き?」だと思われとるゾ(;´▽`A`` [ロードバイク・ツーリング・ヒルクライム]

土日でちょっと遠出してみました。


土曜日は、ご近所の「ペダルダディ」の方々のお誘いを受けて江ノ島まで。

自分も含めて午前中に帰宅できればという、AM縛りの強行スケジュール。

朝7時に某所集合。トンボさんも誘って合計10人も集まりました。


中には時間が全くないのにもかかわらず来ていただいた方もいて、R16を跨ぐ頃には8人に。

キャップA氏はなんとパンク&ケツカッチンで早期離脱、I氏は羽沢でお別れしました。


いつものルートでR1から藤沢橋を左折。ちょっと行ったとこのコンビニで休憩。

補強食と飲み物を買い求めて再出発。江ノ島はもうすぐそこです。


江ノ島口の交差点から橋に入った時に前をゆっくり走る二人組を抜きざまに・・・

ちょっと踏んでみたくなったら、皆さん反応してしまってスプリント合戦[exclamation&question]

橋が終わる前に減速したらナナメ後ろに蜻蛉さんがいた( ̄∇ ̄)ケツ持ちしてなかったっけ?


DSC_0312.jpg
突端の「漁場」まで行くと予告通りMATSUさんが絶賛操業中[目]

DSC_0311.jpg
広場で日向ぼっこしながら談笑[るんるん]

11時まで帰還予定のドンTH氏は早くもお帰りになりました。無事に間に合ったようです。


10時前までおしゃべりを楽しんで帰路へつきました。

帰りも往路を戻ったのですが、踏み切りも含めて超スイスイと11:30には地元に戻れました。

その直前の道でもスプリント合戦勃発!蜻蛉さんが先行するもクロスM氏に発射台にされ・・・

ボクも反応して追ったけど、次の信号までで逃げ切られてしまいました(/□≦、)エーン!!

その先のコンビニで一休み。途中離脱で一人づつ抜けてたのでその頃には4人になっていました。

コンビニを出てウチの近くでお別れしました。皆さんお疲れ様&ありがとうございました(o^∇^o)ノ


そして翌日。【夜会】明けで寝たのは4:00過ぎ。起きたのは9:30。

おもむろに携帯チェックして、休みと聞いていたISOさんの動向を探る( ̄∇ ̄)

すでにTwitterで呟きが始まっており、にしやんぶちょーも「出遅れ」でおはラン欠席だとか。

みんなして予定がない三人で、とりあえず日産スタジアムに11:00集合。

DSC_0316.jpg
ISOさん、初めて見るぶちょーのBOMAデフィーラに興奮Ψ(`∀´)Ψ

どこへ行こうかとなるのですが、ISOさんが「江ノ島行く?」とか言い出して・・・

ISOさんの江ノ島好きは知っていますが(爆)、まさか二日連続で行くことになるとは・・・[がく~(落胆した顔)]

まあ、帰りに246亭に寄れたらラーメン食べられるし、いいか♪~ (-ε-)


DSC_0324.jpg
なんで今日もココにいるんだ、ワシ[exclamation&question]

三人でいろいろ談笑。風が心地よく吹いていい日です[るんるん]

DSC_0326.jpg

時間も時間になったので帰路へ。帰りは境川~環4で青葉台へのルートです。

幸いなことにほぼ追い風。境川を牽いていたら女性ローディーがついてきたようで、

「すいません、後ろにつかせてもらっちゃって・・・」云々、ISOさんと話していたので、

その後も新道大橋手前の信号待ちまで頑張っちゃいました(*´σー`)エヘヘ

その人は右折して橋を渡って行ってしまった(アドレスくらい聞いといてよISOさん)ので、あとはマッタリ[ー(長音記号1)]

ちょっとだけ中原街道、左折して環状4号線。海軍道路の直線でISOさんがやたらと踏み込み[ダッシュ(走り出すさま)]

北の空が怪しい色だと気付いたら、十日市場を過ぎた辺りの路面が少し濡れてます。

246亭に着く頃まで降られはしなかったけど、そこそこの降雨はあったみたい。


246亭で食事後(ラーメンについては別記事で)にしやんぶちょーとお別れ。

ISOさんと二人で梅田橋交差点まで進み、最終解散しました。

にしやんぶちょー、ISOさん、お疲れ様&ありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]


・・・ISOさんは翌日、箱根に行く宣言をされてたとかされたないとか・・・( ̄∇ ̄)

御先祖様 [クルマ]

106の「叔父さん」にあたるプジョー205の足まわり交換をお手伝いしました。

DSC_0299.jpg
まつぢゅんさんの205GTI

抜けきったザックスから、コニのスポーツダンパーへ交換です。

DSC_0298.jpg
フロントは106と違い、ハブとストラットは分離しますが、

差し込み式で意外と難しい(゜◇゜)ガーン

DSC_0300.jpg
ネットで下調べした方法など試したけど、なんとか完了(o´∀`)b

リアはマフラーとスペアタイヤを外して作業。

蜻蛉さんも助っ人してくれたので、予想以上に早く終わりました。

もう20年以上前に生産されたクルマですが、

同年代の国産車よりしっかりした印象を受けました。

これからジックリ楽しんでくださいね(*´∀`*)ノ/div>

富士ヒルクライム前週・箱根へ [ロードバイク・ツーリング・ヒルクライム]

話が前後しますが・・・

富士ヒルを翌週にひかえた5月の最終日曜日。

ISOさんと二人で箱根まで走ってきました。


ISOさんに来ていただき、朝早めにウチの前を出発。

藤沢までは江ノ島へのルートを辿り、国道1号線を西へ、西へ。

大磯のコンビニで一回目の休憩&補給。


15分ほど休んでから再び西へ。ここからは箱根の入り口・湯河原までノンストップです。

DSC_0165.jpg
DSC_0166.jpg
ここで休んだらいよいよ箱根の山上りです[右斜め上]

湯河原温泉街もすでに登っていますので、もう登坂は始まっているともいえますが、

海側からのルートで本格的に箱根の上りが始まるのはやはりココからかな。

DSC_0168.jpg
RZやジェミニで数え切れないほど「右折」したT字路です[猫]

DSC_0170.jpg
涼しげな川の流れ[るんるん]

DSC_0169.jpg
ISOさん、余裕シャクシャクやなー(;´▽`A``


自転車で箱根上りって、湯本側から七曲り~芦ノ湖ルートでは二度走りましたが、椿ラインは初。

最初の数キロは舗装が新しいこともあり、5~6%の坂でも話しながら上れるくらい。

ISOさんに離されることもなく、呼吸法に気を付けてしっかりと走りました。

DSC_0173.jpg
中間地点に到着 すでに汗だくです[あせあせ(飛び散る汗)]

オートバイが沢山停まっているのは相変わらず。昔の自分を思い出し・・・いや、ちょっと違うかな。

十分に休んでから再スタート。ここからは多少は勾配も緩かったような記憶があったけど・・・

自分の脚だけで上ってみると、全然緩くなんてないなー[たらーっ(汗)]

少しづつISOさんが離れていくのですが、ちょっとガス欠気味なのか脚が回りません。

それでも幾度と無くクルマ単車で走った道。景色は覚えているので、あとどのくらいで大観山か分かります。


DSC_0177.jpg
大観山の駐車場に到着~[わーい(嬉しい顔)]

DSC_0183.jpg

ちょっと雲が多い日だったので翌週上る富士山は拝めませんでしたが気持ちよかった[るんるん]


どのルートで帰ろうかと二人で相談。来た道を戻るか、芦ノ湖~七曲がり~R1で帰るか。

昼食を食べたかったので、小田原に最短距離の七曲がり下山コースにしました。

カマボコ屋さんの近くのファミレスでランチ。お冷をおかわりしまくってボトルを満たしたり(*´σー`)エヘヘ

お腹がいっぱいになったら出発。R1で大磯、そこから海沿いのR134に出て藤沢橋まで。

再びR1に戻り、あとはいつも通りに走って帰宅。

走行距離 176km ISOさんお疲れ様でした[わーい(嬉しい顔)]

やっていることが段々と重くなっていくような・・・ [プジョー106S16]

かなりメンドクサイと言われていた106のストラット分解に挑戦。


ハブ一体という凶悪な構造で、ドラシャを抜かないとバラせないツワモノです。

DSC_0276.jpg
キャリパーを外したところでストップ[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC_0275.jpg
ハブナットを緩める30mmのインパクトソケットを買いに走る[ダッシュ(走り出すさま)]

DSC_0273.jpg
AKB総選挙で近所は大渋滞の為ママチャリGPマシンで

DSC_0274.jpg
往復7km踏み倒したのでご褒美に赤コーラ[ぴかぴか(新しい)]

IMGP5909.JPG
作業再開して取り出したストラットASSY

IMGP5910.JPG
ドラシャが抜けるとミッションからオイル出ちゃうので要注意

実はちょっとだけ垂れた[たらーっ(汗)]

IMGP5911.JPG
バラしたアッパーマウントのパーツ

IMGP5913.JPG
こちらが新品に交換するマウントとスラストベアリング

異音の原因と睨んでいたのはこのベアリング。確かに渋くてゴリ感が出ていました

IMGP5906.JPG
元通りに組み立てて、車体に組み付けて終了[end]

右側は要領が分かっているので2/3ほどの時間で完了


試走してみたところでは気になっていた異音は出ていない模様。

半年近くの間ずっと懸案だった、脚周りからの異音解消でしたが、やっと解決をみた感じです。

乗り心地もアタリが柔らかというか、ゴムの新品感が感じられますね[るんるん]

第10回 Mt富士ヒルクライム・後編 [ロードバイク・ツーリング・ヒルクライム]

いよいよ始まった24kmのヒルクライム大会。料金所目指してえっちらとクランクを回します[次項有]

DSC_0109_r1.jpg

ここから一合目、二合目あたりまでは結構ツライ。老体を労わり後半へ余力を残しガマンガマン。

ハートレートセンサーを着けていないのでガーミンは未表示、速度もケイデンスもなんかおかしい。

心拍数が分かったところでコントロールできるほど余裕があるエンジンではないけれど、

ケイデンスだけでも見ながら回したかったですね。時々は表示してましたけど。

ちょうどペースが同じ人を見つけては後ろに入ったりしていたのですが、

勾配3~4%以下でも踏み込まない方がほとんどで、そこで切ってしまう・・・次の人を探すの繰り返し。

長きに亘って一緒だった青いラバネロと一進一退を続け、三合目を過ぎ、やがて四合目に差し掛かる頃・・・


右手にボクを抜こうと並んできた黒いコルナゴCLX・・・平石さんだ[わーい(嬉しい顔)]

すかさず「平石さん!」と声を掛けると「あ!どうもどうも」と気付いてくれました(^^)

平石さん(ボートレースのA1級選手です[exclamation])は10分後スタートなので、ここで追い付くとはさすが[ぴかぴか(新しい)]

しばらく後ろに入れていただき、先行する人を掻き分け掻き分け進みました。

その後、脚が回せそうだったので「ちょっと牽きますよ!」と前を牽かせていただきました。

急勾配で少し離れてしまったのですが、平石さんの背中を見失わないように頑張って漕いでいると・・・


呼吸音のみの静かな山道に似つかわしくない「ミク曲」が聞こえてきました((((;゜Д゜)))

来た[exclamation]ヤツが来たんだ[exclamation×2]

そう、ママチャリで80分台のタイムをたたき出す「初音ミク嬢?」が最後尾から追い付いて来たのです[がく~(落胆した顔)]

img_1200001_37586262_0.jpg
確か昨年は残り500mの急坂で抜かれた記憶が。今年は平坦区間直前で捕まりました[もうやだ~(悲しい顔)]

このままでは悲しいので右側に進路変更し「おりゃぁあああ~[exclamation×2]」と雄叫び上げながら抜き返してやりました[ダッシュ(走り出すさま)]

「彼女」は抜かれ様に「お~っ!」と言って見送ってくれましたけど、トンネルを抜けた頃に失速したボクを再度抜いて行きやがりました(´・ω・`)ショボーン



ゴール前の最後、500mほどの坂は7~8%ほどだったはずですが、今までより脚が回りません[ふらふら]

おかしいおかしいと重いクランクを必死で回しやがてゴール[どんっ(衝撃)]

DSC_0247.jpg
やっと、長いようで短かった?24kmの旅は終わりました。

ガーミンの電源を何度も入れ直していたりでタイムは不明。おおよその見当はつきますが。

ベストタイムには及ばないけど、去年タイムはソコソコ削れた感触です♪~ (-ε-)

その頃に気付いたのですがラストの坂をアウター/ローで上ってましたわ(;´▽`A``重いワケだ。


自転車を降りて歩いていると前方に平石さんを発見。「お疲れ様!」と声を掛けて固い握手[わーい(嬉しい顔)]

二人で話しながら歩いていると、にしやんぶちょー、キューマルさん、Noguさんとも合流。

DSC_0244-2.jpg
[カメラ]せっかくなので記念撮影をお願いしました[カメラ]

下山仕度をし、五人で長い下り。

道中は平石さんと並走しながらボートレースの裏話や自転車の話題で楽しく話しをしていただきました[るんるん]

もちろん裏話といっても言っていい範囲の話ですよ[猫]


料金所を過ぎ、北麓公園の会場でうどんとデザートを堪能。空腹にはなんでもウマイ( ̄∇ ̄)

ペダルダディの方々も全員完走を果たされたそう[わーい(嬉しい顔)]特にライターF氏は90分そこそこの手応えとか(ノ゚⊿゚)ノ!!

ご近所のよしみ、近日再会の約束をし、お互いに労を労って分かれました。

DSC_0250.jpg

富士急駐車場まで下り、クルマの周りで着替えなど帰り支度の最中・・・


オマケ

Ψ(`∀´)Ψ「事件」は起きました。とさΨ(`∀´)Ψ

第10回 Mt富士ヒルクライム・前編 [ロードバイク・ツーリング・ヒルクライム]

「今年も」富士ヒルに参加してきましたよ、懲りもせず[右斜め上]


自身四回目の参加となります。今年はエントリーするか迷っていたのですけど。

まずエントリー費が10,000円と高騰したこと。おこづかい少ないんだらもっと安くしてよ[ちっ(怒った顔)]

昨年の大会終了後は「もう最後」と思ったりもしていたし。

しかし、エントリー受付け開始日を一日間違えていたことにキューマルさんから指摘され(;´▽`A``

そのままの勢いでエントリー画面をポチポチしていったらあっさり完了。

今年も24kmのヒルクラ参加が決定したのでした。


DSC_0230.jpg

前日受付けなので土曜から現地入り。にしやんぶちょー・Noguさん・キューマルさんと合流。

大会に参加するボートレーサー、平石和男さんと飯山泰さんとも会え、SGジャージにサインいただくなど[わーい(嬉しい顔)]

先日、平和島でサインをいただいた平石さんには、本番でもお世話になることに・・・


いろいろとブースを見て回ってから山中湖の宿へ。

DSC_0234.jpg
夕飯と宴も早々に切り上げて21時過ぎには就寝。


翌朝3時起床~4時には宿を出て駐車場の富士急ハイランドへ。


DSC_0252.jpg
バイクの準備をして下山用の荷を預けに北麓公園までは自走です。

ここからが長い・・・スタートまで2時間待つのでその間Noguさんと朝食の追加。アンパンやゼリーなどを。

随時連絡を取り合っていたペダルダディの方々4人衆ともお会いでき、気分が上がって・・・きた[exclamation&question]

ボクは第10ウエーブなのでぼちぼちと並び出すと、ぶちょー御用達でボクのBOMA(フレーム)を売っていただいたお店「アトリエフルーブ」の店長さんと遭遇。


店長さんと挨拶を交わしていたらいよいよスタート。

img_671487_37579622_6.jpg
ゆるゆると公園を出るとT字路の歩道では「あの」ミクちゃんがポンポンを振って絶賛応援中[わーい(嬉しい顔)]

彼女(彼)はかなり前のウエーブスタートのはず。ここで最後尾まで応援してから抜いて行くのです[がく~(落胆した顔)]


スタートラインを超えた時にエッジ500のラップスタート!・・・

ところがガーミンユーザーが多すぎて、誰のデータを拾っているのかチンプンカンプンな表示。

どうせ心拍センサーも忘れたし、もうどうにでもなれ!と24kmの旅は始まりました。

続く( ̄∇ ̄)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。