So-net無料ブログ作成
検索選択
ALFA ROMEO ブログトップ
前の10件 | -

「斜線リレー」寿命の兆候 [ALFA ROMEO]

[モバQ]引き続き斜線リレーのお話です[モバQ]

斜線リレー3.jpg

今回の路上エンコ(路上ライブではない)前の半年ほどの間、エンジンにちょっとした変化がありました。

朝一や時間を置いての始動直後、アイドリングが極端に低くなる症状がありました。

PICT0001-2.jpg

始動そのものは全く問題ないのですが、ほんの3~4秒間止まりそうに不整脈が出る。

最初は気温が低い日に起こりがちでしたが、今夏は100%症状が出ました。

走行にも支障が無いのでそのままにしていましたが、今回リレーを交換後はピタリと収まりました。

どういう理由(原因)なのかは知りませんが、リレーが完調だと不整脈は起こりませんね。

推測に過ぎませんが、この症状が出る=斜線リレーが不健康ということかも。

もっともこの事と寿命との因果関係は全く未知数でミステリアスなのはイタ車の醍醐味か[るんるん]

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

リレー分解 [ALFA ROMEO]

先日の路上エンコでお亡くなりになった「斜線リレー」のフタを開けて中を見てみました。

IMGP5541.JPG

開けた途端に中から黒い破片のようなものがポロリしました。

はっきりとは分かりませんが、手前のダイオードに塗ってあったボンドみたいなものらしい。

このダイオード、焦げているように見えたのでテスターで導通を診たら生きています。

さらによーく観察していくと、ダイオードからコイル部へと繋がる細い線が・・・

IMGP5543_1.jpg
プッツリと切れていました(分かりやすく立ててあります)


前回の時に逝ったリレーも開けてみましたが、異常を発見できなかった記憶が。

交換後から使っている斜線リレーは新品ではないようですが、長持ちするかな?

袋から出していないド新品もトランクにストックしていますが、新しいからって信用ならんし。

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

155ライフ二回目の「エンスト」 [ALFA ROMEO]

[イベント]久し振りというか、155に乗り始めて二回目の「儀式」を行いました[イベント][イベント]

PICT0369.JPG
「エンジン突然気絶」

日曜の午後、娘と155に乗って古本や中古CDなどを漁りにBOOK OFF巡りみたいなドライブをしていました。

R16の鶴ヶ峰交差点で信号待ち中、何の前触れも無くエンジン停止。

即座にセルを回して始動を試みるも全く始動する気配ナシ。

とにかく後続車に迷惑が掛からない位置まで移動させることを最優先し降りて押し始めると、

すぐに後ろにいたミニバンドライバーさんが「押しますよ!」と助けてくれましたO(≧▽≦)O

幸い、数メートル先にある開店前のステーキ店(時々来る店)の駐車場へと入れられました。

押してくれた彼に礼を言った後、ボンネットを開けて例の「斜線リレー」をチェック

見た目は当然なんとも無いのですが、9割がたコレが原因なのは分かってました。

斜線リレー1.jpg
そそくさとトランクからスペア(二個積んでいるwww)を取り出して交換後にING[on]

アルファコードランプが消えていることを確認後にセルを回すと一発始動[exclamation]

横の娘も特に動揺した様子も見せず、移動中も「降りたほうがいい?」と気を回す余裕。慣れたモンで[いい気分(温泉)]

エンスト直後に故障原因がすぐに推察・特定できるクルマに乗ってるのは安心です[わーい(嬉しい顔)]


にしても、エンコしたクルマのせいで少しでも待たされた後続車が一切クラクションを鳴らさず、

待っていてくれたのにはちょっと驚き&感謝でした。

押されているのが「赤いAlfaromeo」「イタ車」だったのが状況の「理解」を早めた[exclamation&question]

nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【夜会】 [ALFA ROMEO]

6月も定例開催の【夜会】

IMGP5237.JPG

[がく~(落胆した顔)]ぶちょーの銀コアラ君は今回で見納めとカミングアウトがありました[がく~(落胆した顔)]

次のクルマについても詳しく教えてもらいましたが、それはご本人の「ゲロ」を待ちましょうΨ(`∀´)Ψ

IMGP5238.JPG
インテグラーレで登場のMATSUさん&Achaさん

IMGP5240.JPG
イタ車がボンネット開けて停めてると「壊れてやんの」とか思われないですか[exclamation&question]( ̄∇ ̄)

IMGP5243.JPG

DVDを観たり、いつも通りの話にも花が咲き・・・夜は更けていくのでした[三日月]

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

再び、PETRO CANADA [ALFA ROMEO]

そろそろ気温が高くなってくるのでエンジンオイルを交換

粘度は20w-50 銘柄はペトロ・カナダ

DSC08141.jpg
Supreme 20W-50

工場内には147GTA、インテグラーレEvo、156が並んで作業中。外にも欧州車が何台も作業待ち。
メカニックH氏、フロントY氏といろんな話をしながら90分ほど。発展途上国の怖い話など((((;゜Д゜)))
時間を掛けての確実な作業っぷりは何時見ても安心感を与えてくれます。
下から抜いた上でディップスティック穴から吸い取りポンプで徹底的に古いオイルを抜いてから注入。
フィルター交換無しで入ったオイルは5.3リッターほど。量り売りで計算してくれるので余分代も発生無しです[いい気分(温泉)]

IMGP5118.2.jpg
帰りはさらにゴキゲンなAlfa V6を唄わせて帰りました[るんるん]


タグ:alfaromeo
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

遅い出発~江ノ島でパラソルぅ~♪ [ALFA ROMEO]

朝の10時に集合で集まってくれた方々、ISOさん・蜻蛉さん・ゆたかさん・SAMIさん・ふじたかさんとで出発。

ふじたかさんは4月に横浜に引越しされたばかり。ちょっと足を延ばしてということで、江ノ島までとなりました。

R134沿いのカレー店「パラソル」で大佐どのと合流、みんなで美味しいカレーをいただきながら談笑。

IMGP5035.JPG

この後、渋滞している橋を渡って江ノ島へ。一番奥の防波堤上のベンチへ上がってまったり話をしていたら・・・
自転車を押して歩く二人組の女性に声をかけられました。その前に視界に入ってた前輪が潰れていたからねぇ。

どうもパンク修理の道具やらを持っていないかとのことらしい(ボクは良く聞いていなかった)。
その時の皆さん、行動の早いこと早いこと[わーい(嬉しい顔)]
「パッチならオレ持ってる[exclamation]」とか「こっちのほうがいいんじゃない[exclamation&question]とか( ̄∇ ̄)
ミニベロバイクとはいえ、クイックリリースハブでフレンチバルブだったのは幸いでした。

2012.4.29.enoshima.1.jpg

2012.4.29.enoshima.2.jpg
画像:蜻蛉さん提供

そそくさとバラしてチューブを出して・・・穴を発見後には紙ヤスリをかけてパッチを張ってとなぜか自分が作業している流れとなり(;´▽`A``
リムバンドがボロボロのせいで穴が開いたっぽいのですが、位置を調整してあげるくらいしか出来ず。
組み上げた後に早急に交換を勧めました。「何かお礼を・・・」と言われたけどパッチだけでお金をいただけない。
お気持ちだけでもいただいておこうと、缶コーヒーをいただきました。人数分だったので自転車屋さんより高い[exclamation&question]
いや、お店でパンク修理は今どき1,000円以上は料金掛かるだろうし。
お気持ちをいただけただけで嬉しいですよ、オヂサン達は[るんるん]

帰りは新逗子経由でR16へと出て、途中で休んだりしながら17時頃に帰還しました。
参加された皆さん、お疲れ様&ありがとうございました[決定]

新型車・三連チャンで見学♪ジュリエッタ編 [ALFA ROMEO]

明けて日曜日。午後から一人でゆっくりと155に乗って港北ニュータウンにあるアルファロメオのお店へ。
ついに(爆)発売された「ジュリエッタ」を見て、試乗もできればと出向きました。

IMGP4760.JPG
Alfaromeo Giulietta

店内には1750 Quadrifoglio Verde 6MTが。MiToもそうでしたが実物は写真より数段いいですね。
シートに座ってみるとでっかいシフトノブにちょっとビックリ&失笑[たらーっ(汗)]イタリア人どんだけ手がデカイんだ[exclamation&question]

若い営業の人がついてくれて、試乗を申し込みました。試乗車はベーシックなSprintの6DCTモデル

IMGP4763.JPG

排気量はたった1,400ccですが、低回転からモリモリとトルクが立ち上がって速い速い[ダッシュ(走り出すさま)]


IMGP4761.JPG
IMGP4762.JPG

マニュアルモードもやってみましたが、ダウンシフト時にすぐ「ピー」とか鳴ってしまう。
ブリッピングもしてくれちゃうのですが、結構回転が落ちてからじゃないとこうなります。
めんどくさいし、ダイナミックモード(DNAシステム)ならDレンジに入れっぱなしでも十分以上に速いです、コレ。
新しいクルマらしさはカックンブレーキにも現れていますが、まあ乗り易くていいクルマなんじゃないですかね。
147より大きくなってますが、相変わらず後席は狭いのでボクは買わないかな。それならクーペがいいや[わーい(嬉しい顔)]

IMGP4764_1.JPG
帰る時に横にはメガーヌRS[犬]

コレに乗ってきてた二人組(野郎)がこの後・・・つづく。

春が来るまで・・・ [ALFA ROMEO]

さっき、帰宅後に155をジャッキアップしてウマに載せてから、下に潜ってました[左斜め下]
入っているオイルは昨年7月初めに主治医にてペトロカナダ20w-50に交換後、3,000km足らず使用。
まだまだ使ってていいのでしょうが、半年が経過しているのでなんとなく「換えたいな」と思って、
買い置きオイルのシェブロン・Supreme 20w-50を初夏までの繋ぎとして入れておくことにしました。

Supreme20w-50.jpg

yap-net_oeta-0101.jpg

オイルフィルターはジェームスで買ってきたセルシオ用(実は使える)。今は会員15%offなので安かった[わーい(嬉しい顔)]

帰宅後だったのでオイルが暖かくちょうどよい具合にドレンから抜けました。フィルターも換えてからオイル注入。
まつぢゅんさんからいただいた新品ドレンワッシャーを使わせていただきました。助かるぅ~[黒ハート]

始動して暖気後、しばらくしてからレベルゲージ・スティックでオイルレベルを確認。バッチリとアッパーちょい下。
油圧もちゃんとかかっている(メーター上)ようだし、ひとまず[決定]です。

次の交換は4月末。ペトロカナダのスプリーム20w-50で夏を乗り切ろう[パンチ]

インダクション・サイズの変更 [ALFA ROMEO]

155に付いているCDAのサイズは130×70という大きさ。

IMGP4473.JPG

2.5リッターのV6エンジンには少し容量不足なのかもしれないですが、口径70mmはちょっと大きすぎな気も・・・

というのも、中~高回転域のスロットルレスポンスやトルク感がノーマルのほうがイイ気がするのですよね。
スパークプラグ(NGK6~7番相当)がキレイに「真っ白」な焼け具合なので、CPUノーマルでは薄いのかも。
もちろん組み合わせるエキゾースト系によって違いは出るのでしょうが、今の60パイのマフラーでこの現状。

というワケで、CDAの吸い込み口に繋いでるダクトを70パイから60パイに絞ってみることを考えていました。
実行に移したキッカケはなかなか手に入らなかった内径60mmのアルミダクトを入手したからです。

CDA本体には、70mm⇒60mmに変換するアダプターが2個付属していましたのでこれを1個使用します。

IMGP4474.JPG
60パイのダクトに接続

長さは70パイの時と同じに設定して様子をみます。短すぎると吸気音が盛大になり排気音すら掻き消すので[ダッシュ(走り出すさま)]

IMGP4475.JPG
IMGP4479.JPG
このくらいの長さでパンパーのフォグランプ直上あたりで吸気

IMGP4477.JPG
見た目でハッキリ違う口径


アイドリングでは全く変化ナシ。走り出しから低速・低負荷でも違いは体感できないです。
しかし3000rpmくらいからジワジワっと踏み込んで回転を上げていくと、今までにも増して快音を奏でてるか[exclamation&question]
トルク感にも変化は感じないものの、「フォ~ン[るんるん]」と粒の揃った音を出しながら、
緻密に回転数を積み上げていくというか、精密機械が回っている感触も増しました。すごく気持ちイイです[黒ハート]

燃費はサーモスタット交換の効果と合わせてかもしれませんが、若干よくなっているようです。
気温が下がって濃い空気を効率よく吸っているのか、12ヴァルブのアルファV6は絶好調です[ぴかぴか(新しい)]

Alfaromeo 155 V6 サーモスタット交換記 [ALFA ROMEO]

昨年の今頃からでしたか、155の水温の上がり(暖機)が以前より時間が掛かっているのでは?と感じてました。

さらに高速走行での水温が低めで、気温が低い日の夜などでは70℃程度までしか上がらない状態。
油温も空冷オイルクーラー標準装備とはいえ、やはり70℃~80℃。しかし渋滞などでは100℃を超えます。

この症状で真っ先に疑われることはと言えば「サーモスタット」が閉じ切らない状態、いわゆるヘタリです。
新車からの交換歴はない(少なくとも21,000kmで納車から今まで)ので、寿命を迎えてもおかしくはありません。

早速、取り寄せました

IMGP4311.JPG
IMGP4310.JPG
いわゆる「純正相当品」


特別に安いわけではないのでしょうが、FIAT純正定価からだと半額程度らしいです。ガスケットも付いてます。
この機会に接続ホースも換えようかと思ったのですが、純正~シリコン(SAMCOなど)ばすぐ入手し辛く・・・
幸い、ウチに来る前に冷却系ホースは交換してあり、極端に膨張したりはしていませんでした。
よって交換はハウジングと一体になったサーモスタット本体とガスケットおよびホースバンド2本です。

IMGP4312.JPG
ココは作業性も良さそうだ・・・

IMGP4313.JPG
しかしソケットはまっすぐ入らず、さらに固定ボルトのアタマはなんと11mm[たらーっ(汗)]

普通持ってないですよね?11mmのソケットなんて。奇跡的に工具箱に入ってたもののボクも初めて使うかも。

IMGP4314.JPG
ホースごとサーモスタットを外したところ

古いガスケットをスクレーパーで丁寧に剥がし、オイルストーンで表面を平らに均してから新しいサーモスタットを
慎重に組み込みます。ホースバンドは再利用不可(外す時にブッ壊しちゃうので)につき、ネジ締め込みタイプ。

新旧を比べると

IMGP4319.JPG
左が旧、右が新

少しの隙間のように見えますが、これで冷却水の圧力がかかったらサーモスタットの機能は果たせません。
どうりで水温の上がりが鈍かったワケです。高速走行での低温も説明がつきます。

ホース脱着で流れた冷却水をタンクに補充して終了です。明日からはエア抜き完了まで毎日補充ですね[soon]
前の10件 | - ALFA ROMEO ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。