So-net無料ブログ作成
プジョー106S16 ブログトップ

やっていることが段々と重くなっていくような・・・ [プジョー106S16]

かなりメンドクサイと言われていた106のストラット分解に挑戦。


ハブ一体という凶悪な構造で、ドラシャを抜かないとバラせないツワモノです。

DSC_0276.jpg
キャリパーを外したところでストップ[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC_0275.jpg
ハブナットを緩める30mmのインパクトソケットを買いに走る[ダッシュ(走り出すさま)]

DSC_0273.jpg
AKB総選挙で近所は大渋滞の為ママチャリGPマシンで

DSC_0274.jpg
往復7km踏み倒したのでご褒美に赤コーラ[ぴかぴか(新しい)]

IMGP5909.JPG
作業再開して取り出したストラットASSY

IMGP5910.JPG
ドラシャが抜けるとミッションからオイル出ちゃうので要注意

実はちょっとだけ垂れた[たらーっ(汗)]

IMGP5911.JPG
バラしたアッパーマウントのパーツ

IMGP5913.JPG
こちらが新品に交換するマウントとスラストベアリング

異音の原因と睨んでいたのはこのベアリング。確かに渋くてゴリ感が出ていました

IMGP5906.JPG
元通りに組み立てて、車体に組み付けて終了[end]

右側は要領が分かっているので2/3ほどの時間で完了


試走してみたところでは気になっていた異音は出ていない模様。

半年近くの間ずっと懸案だった、脚周りからの異音解消でしたが、やっと解決をみた感じです。

乗り心地もアタリが柔らかというか、ゴムの新品感が感じられますね[るんるん]

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

プラスチックのメッキは弱いのです [プジョー106S16]

ウチの106は99年型。ちょうど14年前に生産・輸入されたクルマです。

まあ、あちこち古びてきているワケですが、塗装は意外と丈夫です。

「サンダンスイエロー」という黄色はクリアも塗ってあるし、年式の割には色褪せもあまり感じません。

ですが、エンブレム類はプラスチック製でメッキなどもそれほど上質ではないので、すでにくすんだような感じ。

DSC_0009.jpg
納車時にボディを磨いたらしくコンパウンド?によるダメージも[ふらふら]
両面テープで貼り付けてあるだけなので、剥がすだけなのですが・・・結構大変です( ̄ヘ ̄)

DSC_0011.jpg
ナイロン糸&キーリング

こういうのってカー用品店でも「エンプレムはがし」とかいう名で売られてますが、結構高いです。

たまたま「現場用」のピンク糸(以前アライメント測定に使ったのと同じ)があったので利用します。

DSC_0013.jpg
このようにボディとの間に入れてテープを切って剥がしていきます

なるべくボディから離してやったほうが、不慮の傷が防げます。テープは残ってしまいますが。

DSC_0016.jpg
しっかり残ったテープと糊

これはもう、地道に剥がしていくしかありません。ジッポオイルとウエスでゴシゴシ~仕上げにクリーナー。


DSC_0021.jpg
上段が新品エンブレム・後期型用に換えます

前期用は文字に黒いフチがあり、値段もだいぶ高いので後期用を選びました。書体もちょっと違います。


DSC_0023.jpg
DSC_0022.jpg

あとは元の場所を脱脂し、慎重に貼り付けて完成[ぴかぴか(新しい)]


リアハッチの真ん中にあるオープナー(最初にダメになる)は何年か前に換えたのでまだキレイです。

生産終了からちょうど10年になる106のパーツですが、まだ欠品の話は聞きません。

こういう外装の細かいパーツ類は国内欠品すると納期が出なかったりするので早めに換えるのが吉ですね[手(チョキ)]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

荷物の不着で中断ちう [プジョー106S16]

いわゆる「初期化」をコツコツと薦めているカミさん号(106)ですが、ちょっとした問題で止まってます[モバQ]

フロント・ストラットのアッパーマウント(スラストベアリング含む)交換を目論み、

eBayのショップ(結構知られた106部品専門店)で注文を入れていたのですが、

支払い完了と発送完了メールが来てから3週間経っても届かないのです[むかっ(怒り)]

仕方ないので、eBayを通じてとショップに直接「どうなってんの?」と英文メールを送りましたら・・・

なんと、荷の行方を調べたりするのかと思ってたのに、即座に返金手続きをされました[たらーっ(汗)]

これって、向こうに荷物が戻ってきてるということなのか。はたまた行方不明の荷には諦めが早いのか?

まあ、届かない荷をいつまでも待っていても仕方ないので全額返金してもらって納得しました。

来月になったら違うお店で注文してみます。今度は追跡番号付き発送してくれるとこで、ですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

脚周りのリフレッシュ [プジョー106S16]

引き続き106のリセット作業が続いています。

O2センサー交換でエンジンの調子を取り戻して、気になり出したのは脚周りからの異音。

以前からカミさんから指摘もあったし、自分で乗って感じていたのはフロントからの「コン」という音。

ハンドルを切って交差点を曲がったりすると、左の脚から「コン!コン!」と何かが鳴っている症状。

いろいろと人に聞いたり調べたりしてみたものの、原因が様々で特定には時間がかかりそう。

とりあえずウマに載せてホイールを上下左右に揺すってみてハブのガタはない模様。

ただ、フロントは左右(ステア方向)で小さく「クン」という微妙なガタを感じます。

外観的にはタイロッドとロアアーム、スタビリンクのボールジョイントに破れやガタは無く。

主治医のY氏とH氏は「アッパーマウントが怪しい」と言っていた(前例アリ)ので、後日交換予定。


リア周りで気になったのはハブベアリングのグリースがカサカサになっていたこと。

回転不良や異音は発生していませんが、もう14年目だし気持ち良く換えてしまいました。

IMGP5871.JPG
用意した新品ハブ

ベアリングが圧入されたハブごと交換のスタイル。このほうが我々にはやり易いです。

IMGP5865.JPG
ブレーキはパッド周りとディスクを外せばご覧の通り

IMGP5866.JPG
三本爪のギアプーラーでハブを引き抜きますが、奥側のレースが残ってしまいました[たらーっ(汗)]

IMGP5872.JPG
ちょっと爪が掛かりづらいのですが、なんとか撤去してクリーニング。

IMGP5867.JPG
外したハブ。14年間ご苦労様でした[end]

新しいハブはすんなり入る・・・ワケではなく、ひたすら叩き込みます[どんっ(衝撃)]

最初は「本当に入るのかいな[exclamation&question]」と思うほどキツいですが、大きめハンマーで叩き込むんです。

IMGP5873.JPG
[NEW]無事に入りました[決定]

あとは外したブレーキパーツを洗浄しながら組み直して終了。これを両輪で実施。


前もって調べたところでは苦戦した人も多く、片側で5時間とかいう人もいたので覚悟してましたが、

ウチのクルマは状態が良かったのか両輪で3時間ほどで出来てしまいました。

揃えた道具にはエアコンプレッサー&インパクトレンチがあったので、これが無かったら時間かかったかも。

当日は近所を2~3km、今日も10kmほど走りましたが問題はないですね[るんるん]


さて、変わらず異音を発しているフロントの作業は来週末パーツが入荷してからになります。

アッパーマウント&スラストベアリングの交換で解消してくれるといいのですが[soon]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

プジョー106S16 整備記録簿 [プジョー106S16]

カミさん号のプジョー106は1999年式。ボクの155よら1年若いとはいえ御老体。

エンジン関係も脚周り関係も、ちーと気になる所が出てきても不思議ではありません。

「最近、燃費が悪い[どんっ(衝撃)]」とクレーム(;´▽`A``

主治医にも相談しましたが、一番怪しいのはO2(オキシジェン)センサー。

106のO2センサーは、エキマニの4-2集合部にありエンジンとの間、真裏です。

ディーラーでの見積もりはパーツ代だけで4万円Over[がく~(落胆した顔)]

事前に調査済みの汎用O2センサー(ボッシュ製・8千円)を用意して交換しました。

IMGP5836.JPG

場所が場所だけにO2センサーソケットもショートタイプを用意しました。

IMGP5830.JPG

IMGP5837.JPG
ジャッキアップ~ウマに載せてから交換作業開始。

IMGP5839.JPG
潜ったらオイルフィルターとヒートエクステンジャー(水冷オイルクーラー)を外し、エキマニ後半も外します

IMGP5841.JPG
インテークのパーツを外すとコネクターがあります

IMGP5844.JPG
それほどの苦戦もなく外せました

先端パーツが割れて落ち、触媒手前でカラカラと音を出していました。

その触媒ですが、2000rpmくらいで真下からカランコロンと異音がしていました。

外して開腹してみると・・・

IMGP5861.JPG

IMGP5863.JPG
前半部が割れてカラカラと遊んでいました[がく~(落胆した顔)]

取り除くしか手はないので、除去した後に溶接して縫合しました。

IMGP5846.JPG
O2センサーは汎用品なので付属のコネクターBOXで結線します。

あとは元通りに組んで終了。バッテリーを外してECUをリセットしておいたので試走へ。

リセット直後だからか、再始動に手間取ったりしましたが今は快調です[るんるん]


その後の調子ですが、燃費は改善されたようですし吹けも鋭い感覚が戻ったようです[決定]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
プジョー106S16 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。